大切に扱うことを歯医者さんでは推進しています|ピカNewな歯に

歯科

治療はしっかりと行なう

歯医者

骨を溶かす恐れのある歯周病は、一刻も早く治療をしないと大変なことになりかねません。早めに歯周病治療に詳しい専門医師の元で対策を行なう必要があるでしょう。早期治療をすることで歯を失わずに済みます。

読んでみよう

歯磨き粉にも気を使う

インプラント

口腔内をブラッシングする際に使われる歯磨き粉ですが、こちらも近年数多くの種類が販売されており、磨くだけで歯の健康を守れるものた多数出てきています。歯磨き粉を変え、実感してみましょう。

読んでみよう

手術を行なう前にしておく

白い歯

歯周病が原因で、歯を失った場合のち療法にインプラントがありますが、同じ理由で高額なインプラントを失うと元も子もないでしょう。優秀な歯科医院は、まず始めに歯の疾患を治療してから取り掛かるため、抜ける心配がありません。

読んでみよう

ケアを怠らないために

先生

歯周病の恐ろしさについて歯周病とは、歯垢の中などの菌により歯茎が炎症を起こして、放置しておくと周りの組織まで破壊してしまう恐ろしい病気です。骨や歯が溶けて、歯がなくなってしまうこともあります。これは痛みもあまりなく、気が付かないうちに進行していることが多く、歯科医で定期的な健診を受けることが大切です。この症状は口臭の原因にもなるので、口の臭いが気になる人は病気の疑いもあるので早めに歯科医を受診しましょう。歯周病の原因と予防について歯周病の原因は、丁寧に歯磨きができておらず食べカスなどが残っていることや、噛み合わせの問題などが挙げられます。そのほかにも、喫煙やストレスなど生活習慣も関係してきます。まずは歯医者で、正しい歯磨きの仕方を学び、毎日清潔に口の中を保つことが大切です。免疫力が落ちるとかかりやすいので、ストレスや疲れを溜めないようにすることも大事です。歯ブラシも選びましょう自分に合った歯ブラシを使うことは、歯や歯茎のためにとても大切です。口が小さいのに大きな歯ブラシを使っていたり、堅いブラシで強く磨きすぎたりするのはよくないです。歯周病の場合は、柔らかい毛並みであったり、知覚過敏用の歯ブラシを使うと良いでしょう。歯医者で自分に適した歯ブラシをアドバイスしてもらうことが、病気の予防にもつながるのです。

口臭が起こる原因について口臭の原因にはさまざまありますが、まず内臓のどこかが悪い場合があります。喫煙やコーヒーなど、口にするものによって匂う場合や、ホルモンバランスが崩れていたり空腹時に起こることもあります。また、歯や歯茎に何らかの病気が生じていることもあり、それぞれの原因を調べてそれに合った口臭対策をすることが大切です。口臭の原因になる歯周病口臭の原因となる歯や歯茎の病気に、歯周病があります。これは歯茎が炎症を起こして、ひどくなると細胞が破壊されて歯も抜けてしまうことがある怖い病気です。歯周病は歯茎に膿が溜まることもあり、口臭が起こるリスクが高くなるので、口臭対策が必要になります。